fbpx
快適で豊かなシルバーライフを目指して

愛されるつえ屋さんを目指して おしゃれな杖を世界へ発信

数量限定お得新商品はコチラ

買って後悔する杖とは?中古の杖、激安の杖は大丈夫?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

買って後悔する杖とは?

せっかく購入した杖でこんな失敗をしたことはありませんか?

こんにちはこだわり杖の通販専門店 近江一文字です!

ブログの読者様からたまにご相談をいただきますが

「杖を買ったばかりで買い直したい!」

とおっしゃられるのです。

■杖・ステッキ購入のよくある失敗

せっかくお金を出して杖を購入するわけですから

楽しく、おしゃれに長く愛用できる杖・ステッキと巡り合いたいですよね!?

ですが、こんな失敗経験談をよく耳にします。

・杖から音が鳴って耳障り

・すぐにヒビが入って杖が割れた

・先ゴムがすごく滑る、取れる

主にこのような内容のご相談が多いです。

では、なぜこのような杖を手にしてしまったのか?

あなたも少し考えてみてください。

なぜ、このような欠陥のある杖を買ってしまったのか?

わかりましたか?

 

原因は何個か考えられるのですが

 

1、中国の激安品

 

当店、近江一文字でもいろんな杖を仕入れたり
中国、上海まで商談に行ったり
日本国内でもいろんな業者さんがおられ
様々な商品を見る機会があります。

 

それこそ仕入れ値で数百万円するような高級なステッキから

仕入れ値で「300円」を切るような安い杖まであるわけです。

 

たしかにネットのお店を見ればそのような
数百円で仕入れできる折り畳み杖などを

1000円1980円くらいで販売しているお店もみられます。

で、私は最初その値段を見て驚き

「実際に買ってみて品質を見たことがあるのです」

 

すると驚くべきことに

新品商品なのに品質がすごく低い!

というか、値段なり、言いますか

とにかく、高品質な杖に携わってきた私からすると

 

「えっ!?」

 

って目を疑うような品質なのです。

具体的には

・かび臭い

・最初から傷だらけ

・パーツが取れる

・故障している

・不安定

といった感じです。

これは実際に見て触らないとわからないと思いますが
そのような粗悪な商品もネットショップの写真で見れば
普通の商品に見えるので、

「あっ安い!」

と思いがちなのですが、それは安いのではなく
そういう品質の物ということなのです。

※中国製が粗悪品ということではありません。

中国製でも日本やヨーロッパなど品質基準に厳しい企業と
取引のある工場の商品は国産と同等の品質があります。

 

その他にはずれを引いてしまう場合があるのですが

それが

長期保管品

どういうことかと言いますと、杖の販売店の中には

何年も杖が売れずに陳列したまま数年経過しているお店も

たくさん存在します。

いろんな人に触られたり、日光に当たったり、空気にさらされていたり

中には10年以上も売れていない杖が現役として

店頭に並んでいることも少なくありません。

あなたもそのようなお店を見たことないでしょうか?

インターネットのお店でも異常な激安価格で杖を

販売しているお店がありますが

それが長期保管品だとしたら購入すると後悔することになるかもしれません。

最近の杖はアルミやカーボンなどの金属製ですから

数年、長期在庫したところで大丈夫そうですね!?

ですが、グリップや先ゴム、関節部の衝撃を和らげるゴムなど

「ゴム部分」は経年劣化しやすく

これはメンテナンスでは直らず交換するしかありません。

こういった、一見大丈夫そうな杖を激安販売しているお店も

あるようですが、このような劣化品を手にすると

相談者さまのように、

先ゴムが劣化して、滑ったり、取れたり、割れたり・・・

それが原因で転倒したり・・・

あと意外と気になるのが関節、接合部分の衝撃吸収用のゴムです。

外からはわかりにくいのですが、このゴムが劣化すると

杖をついたりするたびに嫌~な、音

「ミシミシ」

「カシャカシャ」

「ギシギシ」

と杖から悲鳴が聞こえてきますし

床に突くと、衝撃を吸収してくれずに手首や肩まで

痛くなったり、これもまた、音が鳴って非常に気になるものです。

 

中古の杖はお勧めしない

そのような長期保管品と同様に

中古の杖もお勧めしません。

高価な木製ステッキは一生ものですが
先ほどの理由によりゴム部分は劣化するので
金属製の杖をこそ中古は辞めた方がいいです。

中古の杖は見た目にきれいでも、どこにヒビや割れ、曲がりの原因となる

欠陥が潜んでいるかわかりませんし

それが原因で怪我や事故でもしたら一生後悔することになります。

ですので、中古品や長期在庫品の杖・ステッキには

気を付けた方がいいでしょう。

このように経年劣化や使用によるゴムの劣化はどうしようもなく

交換するしかないのですが

内部のゴムに関しては交換部品が売られていなかったり

修理を依頼すると送料も含めて高くついたり・・・

良いことが一つもありません。

自動車のタイヤもゴムでできていますが

通常、タイヤメーカーは命にかかわる部品なので

厳格な販売期限を設けています。

ですが、その期限が切れたものを大手量販店などが

激安で買取り、安く販売したりするビジネスモデルが存在します。

タイヤは溝があれば良い。

というものではなく、1年1年ゴムの硬化により性能が落ちて

制動距離が伸びていくものなのです。


仮に5%の性能が低下した場合

新品の正常品で

制動距離100mで止まれたとした場合

わずか5%の性能劣化で

制動距離105mと5mも距離に差が出るわけですから

「通常通り停止できる」ところが

5mもオーバーしてしまうわけですから

事故になる可能性は格段に引きあがることがお分かりいただけると思います。

杖も同じことが当てはまるのですが

経年劣化した杖は激安販売されることが多いですが

そのような杖を購入してしまうと

結果的に高くついたり、すぐに手放す羽目になったり

嫌な想いをすることになったり。

という可能性もございます。

安く販売されるからにはそれなりの理由

というものが必ず存在します。

杖やステッキは人によっては手足同然の大事な身体の一部ですから

安物購入で後悔することのないようにしていただきたいです!

近江一文字では極力、新しい良い杖をお客様に手にしていただきたいので

受注発注の形で信用できるメーカーから新しいものを取り寄せて

お客様に届けるスタイルを取っています。

そのため、ご注文いただいてもお届けに1週間ほどのお日にちを頂戴することもございますが

これもお客様にいいものを!

というポリシーの表れですので、ご理解いただけるとうれしいです!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

近江一文字に応援コメントをする

Copyright© 近江一文字 , 2018 All Rights Reserved.