快適で豊かなシルバーライフを目指して

愛されるつえ屋さんを目指して おしゃれな杖を世界へ発信

数量限定お得新商品はコチラ

【年収600万円!?】急増中の介護職への就職を決めた日

 
年収600万の介護職
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

「介護職への就職」

介護の仕事をしたいと思うきっかけは人それぞれ違うと思いますが、
人の役に立ちたいと思う気持ちから介護職を始める人は多いでしょう。

また、自分の祖父母の介護体験や両親の介護をする時に備えて
介護を仕事としてやっていきたいと思って介護職への就職を考える人もいます。

これからどんどん介護を必要とする人が増えていく一方で、
介護職は慢性的な人手不足が問題となっています。

まずは介護の仕事が主にどんなことをするのかを知っておきましょう。

働く職場によっても仕事内容は異なりますが、
生活介護と身体介護に分類されます。

生活介護は介護が必要な方への一般的な家事をサポートするべく、
掃除・洗濯・調理などをします。

身体介護はご自身の力だけでは日常生活に支障が出てしまう場合に、
排泄介助・更衣介助、車椅子やベッド等からの移乗をお手伝いします。

ただ仕事をこなせばいいわけではなく、
介護職にはコミュニケーション能力や相手に寄り添う気持ちは必要不可欠になります。

大変な仕事ではありますが、とても遣り甲斐のある仕事です。

 

「良い職場・求人情報の探し方」

介護の求人の数はとても多く、どう選んで良いのか難しいかと思います。

介護施設には多くの種類があるので、
就職先としての介護施設を探す際にはその介護施設には
どんな高齢者が入居されるのかを理解しておくと良いでしょう。

高齢者が365日24時間体制で生活する場を設けるのは、

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人福祉施設
  • グループホーム
  • 有料老人ホーム

などが挙げられます。

これらの職場は正職員であれば早番・日勤・遅番・夜勤などの
4交代制の勤務でシフトが組まれることが多いです。

夜勤の時間帯は夕方からのところもあれば
夜からのところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設は介護度の高い高齢者が多いので
身体介護が多くなってきますし、
有料老人ホームはどちらの入居者もいるので
それぞれの入居者に合った介助をしていきます。

グループホームは認知症の高齢者が生活する場なので介護度も様々ですが、
認知症が進行している高齢者との関わりは精神的にも忍耐力が必要になります。

正職員となればローテーション勤務は免れないと思いますが、
それが難しい場合はに正職員でも日中だけの勤務が
可能なデイサービスや訪問介護がオススメです。

 

デイサービスは普段は在宅で生活している高齢者が通いで
リハビリや余暇を楽しむ場、
訪問介護は在宅で生活している方の自宅に訪問して介護サービスを提供します。

これらを踏まえた上で求人情報を探してみましょう。

 

求人情報では時給や勤務地を確認するのはもちろんですが、
様々な手当がどのくらいつくのかもチェックしておいた方が良いでしょう。

夜勤手当はどの施設もつくことが多いですが、
金額が施設によっても異なります。

土日出勤で手当がつくところもありますし、
処遇改善手当や資格手当がつく施設がオススメです。

あとは条件に合った施設をいくつか挙げて、
実際に見学・面接をして比較してみましょう。

まず施設の中の雰囲気をチェックしてみて、
あまりにもシーンと静まり返っているだとか
職員と入居者の会話の様子が全くないような施設は就職先にはオススメ出来ません。

雰囲気が良い施設は自然と入居者も笑顔になりますし、
ご家族も足を運びやすい雰囲気があるかと思います。

また、施設職員の様子を見てあまりにも忙しそうにしている場合は
人手不足で仕事内容もハードになる恐れがあるので要注意です。

私の体験談ではありますが、プリセプター制度がある施設は
介護職が未経験の方にも働き始めやすいかと思います。

プリセプターとは新人ひとりに先輩がついて
一定期間マンツーマンの指導をするという制度で、
常に先輩が一緒について細かいところまで教えてくださったりするので安心です。

意外と介護施設は未経験であってもある程度
おおまかな指導しかしてもらえなかったり、
特に経験者であれば入職して数日で独り立ちというのもよくある話です。

もし自分の家族や大切な人が介護が必要になった場合に、
その施設に入居させたいかと基準にすると判断材料にもなるかと思いますし、
自分のライフスタイルにあった働き方ができる職場を見つけられれば長く働き続けることも出来るでしょう。

 

「まずは介護初任者研修を取ろう!」

介護職に興味を持って働きたいという場合、無資格で働き始めることも可能です。

しかし、介護職が高齢者の命を預かる現場でもあるので
未経験で自分自身も不安だという方も多いでしょう。

福祉の資格として、まず目指すべきところは
「介護職員初任者研修」です。

以前はホームヘルパーという名称でしたが、
現在は介護職員初任者研修として複数ある介護資格の入門と言える資格かと思います。

介護に関する基礎的な知識や技術を学ぶことが出来ますし、
介護現場で働き続けるのであれば取っておいた方が良い資格と言えるでしょう。

取得する為には民間団体や公益法人が運営する
スクールに通う必要があります。

 

個人のライフスタイルに合わせて、
通信学習と通学・通学のみと学び方を選択することも出来ます。

施設によっては資格取得制度を導入しているところもあるので、
面接の際に介護職員初任者研修の資格を取得したいということを伝えて、
働きながら通学するという方法もあります。

 

そうなると通学に費用などを施設側が負担してくれるので、
もし無資格で就職を考えているので
あれば是非資格取得制度があるところをオススメします。

無資格でも働けるの述べましたが、求人情報の数で比較すると
無資格でも可能な施設に比べて圧倒的に
介護初任者研修の資格を持っていた方が求人数も3倍近くになります。

就職にも断然有利になるので、取得しておいて絶対損のない資格でしょう。

 

「介護職の大変さを知る」

私が今まで目の当たりにした、未経験で介護職に就職してくる方の多くが
「こんなに大変だとは思わなかった」と言います。

ただお年寄りの話し相手になれば良いとか、
食事のお手伝いをすれば良いと甘く見ている方が多すぎます。

底辺の仕事・誰にでも出来る仕事なんてよく言われますが、
そうでないことは経験した人にしかわからないでしょう。

まず朝の起床で更衣や身だしなみを整えるお手伝いをして、
食事の際は介助が必要であればサポートします。

場合によっては介助する職員が足りなかったりすると、
自分の食事をしながら食事介助をするなんてこともあります。

そのあと、口腔ケアをして排泄介助・パット交換をしたり
水分補給を促していればするにお昼ご飯の時間になります。

 

午後も同じように繰り返し、就寝介助も行います。

その合間にシーツ交換をしたりレクリエーションをしたり、
洗濯物を畳んだり洗い物をしたりします。

あまり座っている余裕はありませんし、記録をきちんと記入していくことも
介護職にとっては大切なことなので書きものに追われてしまうことも度々です。

なので、段取りよく仕事をこなしていく能力も必要です。

介護職はいつ何が起こるか予測出来なくて、
急に入居者の体調が悪くなったり臨機応変に動かなくてはいけません。

その辺りを覚悟した上で、
介護の仕事に就職をしたいのかしっかり考えてみた方が良いでしょう。

 

「目指すは介護福祉士!」

まず介護資格の入門が会職員初任者研修で、
そこからスキルアップしたい場合には是非「介護福祉士」を目指しましょう。

介護福祉士は医療福祉の数多くある資格の中で、唯一の国家資格です。

受験資格としては実務経験3年以上あること、
専門学校などの養成学校を卒業して国家試験を受験するという方法があります。

介護福祉士の資格があれば資格手当がつきますし、
何より「介護のプロフェッショナル」として胸を張っていられます。

知識や技術ももちろん向上していきますし、
とにかく現場で働きながら経験値をつんでいけたら良いでしょう。

介護福祉士のニーズは徐々に高まっていますし、
これから必要不可欠な存在となることは間違いありません。

ちなみに介護福祉士は現場で働く側になりますが、
介護現場で働いてみて介護が必要な高齢者の相談や
ご家族のお話を聞いたりする側を経験したいなら
ケアマネジャーと呼ばれる介護福祉専門員の資格取得もオススメです。

 

他にも福祉用具を扱ったり送迎専門で働かれる方もいて、
これらも資格があれば安心です。

近年は人手不足ではありますが、
そのせいで介護サービスのの質を下げることはしたくありません。

人手不足にとって介護事故が多発したり
ニュースになるような虐待も発生してきてしまいます。

ひとりでも多くの人材が確保出来るようにと、
もっと介護職に興味のある方が増えてくれればいいなと思います。

年収600万円以上の介護職を探すなら

ケアジョブ

がおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

近江一文字に応援コメントをする

Copyright© 近江一文字 , 2019 All Rights Reserved.