快適で豊かなシルバーライフを目指して

愛されるつえ屋さんを目指して おしゃれな杖を世界へ発信

数量限定お得新商品はコチラ

現役介護士が話す杖の使いかたと高齢者の転倒の危険性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは杖の専門店近江一文字です。
当店では全国各地に懇意にしていただいてる介護士さんからのアドバイスや
介護職、ヘルパーの資格を持つ店長などと相談をしながら
よりよいシルバーライフを送るための杖、ステッキを販売しております。

今回は現役の介護士さんからお便りをいただいておりますので
ブログにアップさせていただきます。

 

杖を使用する高齢者に便利な暮らしを

高齢者は私たち比較的若い世代の健常者よりも、
転倒の危険性が高いです。

それは下肢筋力の低下などによるもので、
ちょっとした段差も注意が必要になります。
そういった何気ない軽い転倒から入院し、寝たきりになる人が多いので
そうなる前にぜひ、つえを使っていただけると
介護に携わる私としてはとてもうれしいのです。

 

歩行が不安定でも杖があれば、
第3の足となり安定することが出来るので
もし歩くことが不安な場合は杖を利用することを検討しても良いでしょう。

杖を利用することで気になってしまうのは、
杖の置き場所に困ってしまうことです。

 

椅子に腰掛けている時や両手を使いたい場合に、
杖をどこに置いていいのか迷ってしまうことでしょう。

私は介護士をしているのでよくわかるのですが
杖は倒れてしまうと身体を曲げて拾うのが大変だし、
杖を拾おうとして転倒してしまったなんてこともあります。

そんな利用者の声から、
最近では様々な便利グッズが販売されるようになりました。

これら杖グッズによって、
今まで不便に感じていたところがより快適に感じられるかと思います。

また、近江一文字さんではストラップ付の杖や
滑りにくいグリップで立てかけても倒れにくい杖を販売されてますので

そういったものを利用するのも良いと思います。

 

杖に関する便利用品

杖の置く場所に困るというお悩みを解決してくれる便利用品があります。
杖をどこにでも立てかけられるように、
杖本体に取り付ける「杖ホルダー」です。

コンパクトサイズで持ち運びにも便利なので、
カバンの中に入れておくと安心でしょう。

杖に取り付ける以外だと、
机や壁などに取り付けるフックタイプも便利です。

これは決められた場所に付けることになるので、
自宅の食卓テープルやトイレなどの杖を
置く必要がある場所に取り付けると良いでしょう。

杖ホルダーを使わなくても、
杖本体の脚が3つ以上に分かれている
「自立式杖」というのもあります。

ホルダーがなくてもどこでも倒れにくいですし、
杖としての役割としてもT字杖よりも安定感があります。

ただし、少しバランスを失うと倒れるので
歩行者の足が杖に当たるような場所に立てかけるのは
おすすめではありません。

杖のバリエーション

最近は杖も種類が豊富で、それぞれ用途に合ったものを選びましょう。
人混みや長距離の歩く場合などで、
場所によっては杖を使うことがあるという場合には
折りたたみ式の杖がおすすめです。

 

杖を持っているというだけでも、
もしもの時の安心感もあるでしょう。

また、杖がワンタッチ式で簡易椅子になるステッキチェアーは、
ちょっとひと休みしたいという場合にも便利なアイデア用品かと思います。
かさばりますし、比較的重く、値段もお高くなりやすいので
販売店も少なく、入手しなくいタイプの杖ですが
車移動される方には一つ積んでおくのもありです。

 

杖にLEDライトが付いているお洒落ステッキというのもあり、
夜道や足元を照らしたい時に便利です。
ただし、足元に不安がある方は極力、
付き添いなしで夜間の外出は避けていただきたいです。

介護現場での知恵・利用者の声

介護施設で生活をしている入居者様は、
シルバーカーを利用する人が多いように思います。

在宅と違ってシルバーカーを押して歩けるスペースが
十分にあることも理由なのかもしれません。

現在、私が働いているショートステイでは
自宅と施設を行き来している利用者様がいて、
シルバーカーを利用する人はなくて杖を利用している方が多いです。

 

椅子に座って頂く際には杖を置くことになりますが、
置き場所に困るということで
職員のアイデアから手作りの杖ホルダーを利用しています。

なかなか安易に物品を購入出来ないのが
施設というものですから、
費用0円で牛乳パックを三角の筒状にして
飾り付けをしたものを椅子に紐で固定して結びつけて作ったものです。

 

これがなかなか好評で、折り紙や和柄の包装紙などで
見た目を華やかにしたり、ご利用者様の好みに合わせてみたり
一緒に手作りをするレクをしたりもしています。

利用者様同士も杖を利用する人は、
この手作り杖ホルダーのついている椅子を
譲り合うなどの姿もみられます。

こうして介護職員の私たちは、
日々利用者様と向き合って利用者様の目線で
日々いろいろなアイデアを出し合っています。

近江一文字さんも色々と杖やシルバーカーなどの
相談に乗っていただけるのでご利用されてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

近江一文字に応援コメントをする

Copyright© 近江一文字 , 2018 All Rights Reserved.